一人暮らしを始める

自炊はじめるなら何が必要?キッチンで必要なものをまとめました。

いざ自炊を始めようと思っても、最初は何が必要なのかよくわからないですよね。

なので今回は、自炊するにあたって必要な家電や生活用品で、私が買ってよかったと感じたものをまとめてみました。

家電

炊飯器

自炊する人はもちろん、やる予定のない人でも買っておいた方がいいものだと思います。

本格的に料理をしなくても、ご飯を炊くだけでも節約になるんです。スーパーでも、お弁当買ってくるよりはお惣菜の方が安いですし。料理が苦手でも、主食のお米だけは家で炊く、というのは結構賢い選択だと思います。

私は3合炊きの炊飯器を使用しています。一人暮らしならこれくらいの大きさで十分。

3合まとめて炊いて、すぐにラップで小分けにして冷ましてから冷凍保存です。食べる直前にチンして食べるだけで、いつでも炊きたての美味しさが味わえますよ。

冷蔵庫

自炊をする場合、ある程度の大きさは必要です。買ってきた野菜や肉、作り置きで意外とすぐいっぱいになるんです。

こちらは私の家のものとほぼ同じ大きさ。

引用元:パナソニック
冷凍庫も十分な大きさがあるので、冷凍食品を安い日に買い溜めしたり、冷凍ご飯をストックしてます。

 

電子レンジ

自炊をしようがしまいが必要なのが電子レンジ。これがないと買ってきたものも温められないですもんね。

とりあえず温められればいいなら、単機能レンジで十分です。オーブン付きのものよりは価格も抑えめ。

 

ですが、料理を本格的に行いたいならオーブン付きのものがいいです。

私はオーブンレンジを使用しています。ピザやパンを焼くときに大活躍してくれるんです。小麦粉はお米より安いので、賢く使えば節約にもなります(^^)

 

 

ピザ作りについては雑記ブログ「好きの生き方」で記事にしています。気になる方は合わせてどうぞ!

一人暮らしだけど、ピザ作りにはまっています。意外と簡単でコスパも◎

 

はかり

意外と忘れがちなのがはかり。だけど、料理では重さを測るシーンが頻繁に出てくるので持っていた方がいいです。計量カップなどで代用できないこともないですが、それだと結構面倒です。

アナログのものもありますが、数値が正確にわかるデジタルがおすすめです。

私はお米の量もなるべく計るようにしています。食べ過ぎ予防!(笑)

調理器具

キッチンにあるものの中でも、その大多数をしめるのが調理器具です。

まず、必要最低限の調理器具一式をまとめてみました。

  • 包丁
  • まな板
  • フライパン
  • ボウル
  • ざる
  • 計量器具一式
  • 菜箸、ヘラ、しゃもじ、ピーラー、おたまなど小物類
  • 食器

…etc

本当に必要なものがたくさんあるんですよね。この中でも、私のおすすめのものをピックアップしてみました。

包丁・まな板

包丁でおすすめなのが下村工業のネオヴェルダン

私も同じものを使用しています。刃だけではなく、持ち手までステンレスでできているためつなぎ目がないのが衛生的で◎。

包丁と合わせて必要なのがまな板です。
カラーのまな板も売ってますが、白いものがおすすめ。汚れがわかりやすいですよ。

フライパン

フライパンや鍋を選ぶ場合、注意したいのがコンロの種類です。IHのキッチンの場合、IH対応の調理器具しか使えません。

こちらのフライパンは私も使用しています。ガラスのふた付きなのに2000円ほどで買えてしまうのでかなりコスパがいいです。ただ、1年くらい使ってたらすこし焦げ付くようになりました。

やはり火にかけるものなので、消耗品だと考えて、ある程度の期間で買い換えるのがいいかも。

ボウル

シンプルだけど、肉をこねたり、切ったものを入れたり、何かと活躍してくれるのがボウル。
電子レンジでも使えるように、耐熱ガラス製のボウルがおすすめです。ステンレス製は電子レンジでは使えないので注意!

しゃもじ

忘れがちだけど大事!私はうっかり買い忘れていて、初めてご飯を炊いてからしゃもじがないことに気がつきました(笑)
立つしゃもじだと置き場所に困らなくて便利ですよ。

小物は100均を活用しよう!

菜箸やお皿など、細かいものは100円ショップで選ぶのもアリです。足を運んでみるとびっくりするんですが、結構品揃えいいんですよ。
私は菜箸、計量カップ、ゴムベラ、トングなど、こまごまとしたものは100均で買いました。

フライパンや包丁などを買うのはちょっと不安ですが、小物は100均でも十分仕事してくれます。

その他キッチン用品

レンジガード

調理中の油ハネから壁や周囲を守ってくれる優れものです!調理油って意外と跳ねるので、なにも対策をしないと後の掃除が大変になります。

このタイプのレンジガードなら、コンロ本体にマグネットでくっつけるだけなので取り付けも簡単です。ある程度汚れたら交換すればOKなので、お手入れの手間もかかりません。

水切りカゴ

洗った食器を入れるカゴです。水切りを用意しておかないと、洗ったものの行き場がありません。

こういうバスケットのような形になっているものだと、丸洗いがしやすくておすすめです。

 

結構深さもあるので、この中に水と漂白剤を入れて、コップの漂白をしたりもしています。食器を乾かす以外にも色々使い道があって便利ですよ!

カゴは邪魔だとか、かさばらないものがいいならマットタイプのものを選ぶのもアリ。

マットならいらないときにしまいやすいですし、場所も取りません。

水切り袋(三角コーナーのかわり)

生ゴミを捨てる三角コーナーですが、私は使用していません。もっと便利なゴミ袋があるからです。

こちらは私が使っているものです。

袋ですが自立してくれるので、三角コーナーは不要です。下部に細かい穴が空いているので、水切れもバツグン。

ゴミが溜まったらこれごと捨てればOKです。三角コーナー本体のお手入れが不要になるので、お手入れの手間を減らすことができますよ!

排水口除菌ぬめり取り

これは必ずしも必要というわけではないのですが、私は買ってよかったと思っています。

これを使い始めてから、ぬめりや匂いが気にならなくなりました。手入れがかなり楽になったので、最初から使えばよかったと思っています。

 

いかがでしたか?

意外と揃えるものが多くて準備が大変ですよね。でも、自炊は節約になるし、何より楽しいですよ!これから一人暮らしを始める人、自炊をしたい人の参考になると嬉しいです。